ピアノで子供の未来を創る!
諏訪市のきたざわゆみこ音楽教室

【諏訪市ピアノ教室】本物を子供たちに

LINEで送る
Pocket

 

 

 

20023年もスタート

 

 

 

家族も出勤であったり

まだまだ休みモードであったりと

それぞれの1月4日です

 

 

 

 

 

一人一人を丁寧に

生涯にわたって

ピアノを楽しむことを実現ドキドキ

 

 

 

習い事も多様化の時代

 

その中

ピアノを習うと

どんな良いことがあるのか?

 

その魅力を発信

 

長野県諏訪市にある

きたざわ ゆみこ音楽教室 です

 

 

 

(#1238日目)

 

 

 

 

 

 

お正月といえば

毎年楽しみにしている

芸能人格付け

 

 

 

2年ぶりに出演した

ミュージシャンGACKTさん

不滅の71連勝を達成されましたねぴかぴか (新しい)

 

 

 

うむ…やはり本物がわかるって

大切な感覚だと

考えますひらめき

 

 

 

私が子どもの頃

ピアノの先生に

こんなことを

レッスンで言われた記憶です

 

 

 

 

今はとても買えないけれど

デパートなどの

宝石売り場に行って

 

 

ショーケースをのぞいて

宝石の値段を見ずに

 

 

どれが高価なのか

それぞれの良さを

見比べてごらん

 

 

 

といったお話です

 

 

 

要するに先入観で

これが高価ぴかぴか (新しい)

 

 

 

と判断するのではなくて

良いものを自分の目で判断する目

 

 

 

自分が好きなものを

自分の感覚で判断するexclamation and question

 

 

 

 

そんな訓練みたいな感じで

良いもの(目標にするもの)を

常に意識するという事だろうと

 

 

 

今も忘れない先生の言葉ですひらめき

 

 

 

感性や感覚は

常に働かせているからこそ

研ぎ澄まされていくのだと

考えますぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

 

 

小さなお子さんだからこそ

この程度でいい

 

 

 

なんてことではないと

常々そう感じます

 

 

 

だからこそ

お子さんの年齢が

小さければ小さいほど

 

 

 

大人も

感性を磨いて接しなけれ

ならないので

 

 

 

幼少期

ピアノの習い事を始める

導入期

 

 

 

大学受験生を

教えるのと同じくらい…

いえいえそれ以上に

 

 

 

心を配って

指導させていただいていますムード

 

 

 

特にそのようなお話は

体験レッスンの際に

お話しさせていただいています

 

 

 

1月からレッスンを開始する

Sちゃん(3歳)

7日(土)には1人小学生の

体験レッスンが入っています

 

 

 

押し付けにならないよう

でもしっかり

子どもたちの感性が

磨かれていくようにぴかぴか (新しい)

 

 

 

本物を提供できる

音楽教室でありたいと

1年のスタートですdouble exclamation

 

 

 

きっとそうした

感性などを磨いていくことで

小学生・中学生・高校生になった時に

 

 

 

 

勉強も自分の判断の中

目標を持って

頑張ることのできるお子さん

 

 

 

 

になっていることは

間違いありません

 

 

 

お正月

奈良で世界遺産に触れる中

本物の説得力に

圧倒されましたぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

 

 

 

 

 

今日も

最後までお読みくださり

ありがとうございますお願い

 

 

 

 

お問い合わせ

住所 〒392-0016
長野県諏訪市豊田2068-1
マップを見る
定休日 日曜・祝日
時間 9:00〜20:00
きたざわゆみこ音楽教室のHP

                               
名前北澤 由美子
住まい長野県

Profile

きたざわ音楽教室主宰
指導歴31年・子育て経験20年(2022年現在)指導者として、母としてピアノの指導を行なっています

生涯にわたってピアノを楽しむことが実現できるように【基礎力をしっかり身につける】ことを大切に音感教育をはじめとする導入期(幼少期)の指導を得意としています

プロになるための基礎ではなく、趣味であっても10歳までに【生涯音楽を楽しむための土台作り】が目標です

『楽譜が読めない、弾けるようにならない…』 と言ったことが『なぜ!?』起こるのかを研究し指導を進めています

門下生はコンクールで全国大会出場、入賞を果たし、音楽大学へ進学した生徒さんもいる中、成長した子どもたちの職業は医師・看護師・弁護士・学校教師・ピアノ講師・編曲作曲家…とさまざまです

コンクール参加は【目的】ではなく、上達するための【手段】と考えて、ピアノを通して子どもたちの【目標に向けて挑戦する心】を応援しています

詳細はこちら

月別記事